30代 転職

未経験な職種や業界への転職

35歳からの転職で未経験職種や業界への転職というのは基本的に成立しないと考えましょう。
その理由は以下のとおりです。
1.教育しなければならないが、そのような費用はない。
2.未経験であれば新卒を優先する。
3.給与面などで折り合いがつきにくい。
4.離職率が高くなりがちである。


このようなデメリットを企業側は感じ取っているわけですが、それでも未経験職種などに挑戦したいということであれば強い意思が必要になります。
減収による経済面へのダメージやかならずやりたいことを実現するという強い意思が無ければなりません。


また、教育が必要ではあるものの中途採用ということから、ある程度簡素化されてしまうことも止むを得ないと考えましょう。
何もかも1から教えてくれると考えての転職は絶対にしてはいけません。

なかなか採用されない場合の対処法

転職活動でいくら面接してもハローワークの求人にいくら応募しても採用が得られない・・そんな方はかなりの割合で存在しています。
一般的に転職活動は3ヶ月で1クールといわれており、3ヶ月たっても採用企業が出てこない場合は転職に挑む姿勢や転職活動そのものに問題があると判断するべきです。

まず、出来ることと出来ないことの線引きを簡単に行ってしまうことから企業側の希望を満たすことが出来ずに採用に至らないというケースが多く見受けられます。
ですから、3ヶ月でよい結果がでない場合は希望職種や面接の方法、履歴書や職務経歴書の内容などを最初から見直してみるのがよいでしょう。
同時に自分のスキルなどに対して再度棚卸しをすることも忘れないようにしましょう。

35歳からの転職メニュー